<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< Aaliyah: 8 yrs since the world lost the angel | main |

Have yourself a Merry Christmas...

もうーいーくつ寝ーると♩
クーリースーマースー♩
ですね。

 何度か言ったことがある気がしますが、僕はクリスマス・ソングが好きなのです。
 で、久々にナイス☆クリスマス盤を発見したのでご紹介。
 それがこの『Soul Of The Holidays』(2008年発売)なるコンピ。なのだッ!

Soul of The Holidays

01. Angels We Have Heard on High / Spur of the Moment
02. God Rest Ye Merry Gentleman (Comfort & Joy) / Maysa & Brian Culbertson
03. I'll Be Home for Christmas / Phil Perry
04. The First Noel / Angie Stone
05. Have Yourself A Merry Little Christmas / Joe
06. Oh Holy Night / Vanessa Renee Williams
07. Little Drummer Boy / Tony Rich
08. This Christmas / Mike Phillips & Angie Stone
09. Silent Night / Mike Phillips, Plunky & Spur of the Moment
10. Away In A Manger / Phil Perry

 なんでしょう、この明確に特定層にアピールをはかったような、アダルト・コンテンポラリーなラインナップ(笑)。
 もうー、すむ〜すやん。
 素敵やん。
 それもそのハズ、こちらエネルギーとエレクトロニクスの東芝がお送りしております。違った、それじゃあサザエさんぢゃないか。違う違う、そう〜じゃ、そう〜じゃな〜い〜♩ WHUR-96.3 FM提供でお送りしております。ワシントンはハワード大学のレイディオ・ステーション!
 そりゃあ〜こうもなりますよね〜奥様〜。
 正確に言うと、子供への食糧支援キャンペーンの一環としてのチャリティ・イヴェントのようでございます。
 そしてこの盤の最大の美点は、DVD付き!ということでございます。というか、スタジオライヴ映像のDVDに、まったく同じ音源のCDが付属するという、あれのパターンでございます。
 いやーん、ちょっとぉ〜、アンジー・ストーンが映像で観られるゥ〜てなもんです。てなもんや三度笠。
 結論から言いましょう。アンジー・ストーン・ファンはマスト。スムース・ジャズ系が好きな人、ジョーのファンも手に入れる方向で要検討しましょう。



 ほら、もうトレーラー観ただけでポチリといきたくなったでしょ!?

 というわけで、中身を見ていきましょう。
 映像をフルで観るとなぜか1曲目と2曲目がテレコなのですが、ここは素直にCDの曲順で説明していきましょう。
 なお、DVDでフルで流すと、途中途中に各アーティストのインタヴュー(クリスマスの思い出的な)も流れます。


01. Angels We Have Heard on High / Spur of the Moment

Spur Of The Moment

 スパー・オブ・ザ・モーメント?と思ったらこの人たち、Chris "Big Dog" Davisが参加しているスムース・ジャズ・バンドのようです。クリス・デイヴィスはメイサの近作『Metamorphosis』にてレックス・ライダウトと共に多くを手がけていましたっけ。メルバ・ムーア&フィル・ペリーの『The Gift Of Love』とかも。そしてスパーは、フィル・ペリーやメイサの他に、アル・ジャロウ、ウィル・ダウニング、アンジェラ・ボフィル、グレン・ジョーンズ……といった面々のバックバンドを務めたことがあるそう。うーん、オトナ御用達。なんか分かりますね。すむ〜す。
 そして本作の総指揮を務めるのも、ウェイン・ブルース&クリス・デイヴィス from スパー、と。いうわけで、全曲のプロデュースをこのふたりが、バックの演奏はすべてスパーで担ってます。
 んで、オープニングはそのスパーによるインスト・カヴァー。Skip Pruittなる人のサックスをメインとした、すむ〜すな具合。曲は、邦題を「荒野の果てに」というクリスマス・キャロル/賛美歌。くぅ~り〜すぅ〜まーすきゃろるぬぁーん♪(ここでマイクを横にズラす) 日本でも、Gloria, in excelsis Deo!って部分で聴いたことあるって人多いんじゃないでしょうか。ぐろお〜〜〜〜おーおーおーおーお〜〜〜〜おーおーおーおーお〜〜〜〜おーおーおーおーお〜〜りあ〜〜♪てやつです。マライア・キャリーの名作『Merry Christmas』にて、“Hark! The Herald The Angels Sing”(天には栄え)との合体技としてグロリアの部分が出てきますが、それで知ってるって人もいるのでは。おまぁ〜えのあついハァ・ア・ト〜で〜♪(しつこい)


02. God Rest Ye Merry Gentleman (Comfort & Joy) / Maysa & Brian Culbertson

Maysa & Brian Culbertson

 インコグニートの名シンガーとして知られるメイサ(・リーク)と、ファンキーな白人鍵盤奏者ブライアン・カルバートソンによる組み合わせ。
 曲はクリスマス・ソングとしてはトラディショナルな、賛美歌第2編128番。賛美歌だけにかなり古い曲のようで、作者不明とされています。日本では、これまたマライア・キャリーの名作『Merry Christmas』に日本盤ボートラとして厳かにアカペラだけで歌われたヴァージョンを知ってる人が多いのではないでしょーか。アレを知ってると驚くかと思いますが、このメイサ&ブライアン版はお互いにとっても得意な、ファンキーさの漂うジャズ路線。ハスキーな喉でたっぷりグルーヴを持って歌うメイサ素敵。後半のスキャットでも魅せます。ケヴィン・ベーコン or 次長課長の井上似のブライアン(そんな情報いりませんか)も控えめながらクールなプレイを聞かせちょります。仕上がりとしては、ちょっとアニータ・ベイカー版(『Christmas Fantasy』収録)を思わせる内容ですが、あそこまでしっとりアダルトではないです。個人的にはこちらのほうがライヴ感があって(ってそのものライヴなわけですが)グルーヴィで好きですね。ちなみに井上、じゃなかったブライアンの最新作『Bringing Back The Funk』は、ブーツィにミュージックやレディシも参加した好ファンク盤です。
 この曲というと、個人的には以前紹介したRacquel Roberts版が大好きで毎年聴いてしまうわけですが(『The Secret Of Christmas』収録)、このメイサ&ブライアン版もそれに匹敵するくらい良いです。
 ちなみにラケル・ロバーツ嬢は以前紹介したときはブラウンストーン再結成時の新メンバーとして紹介したわけですが、先頃発表されたリユニオン(ほんと気軽にreunionという言葉を使ってくれますね、メリケンの人たちは)では姿がなく、別の女性が新メンバーとして発表されてました。アマンダ・コール状態(笑)。いやいや笑えません。頑張れラケル!


03. I'll Be Home for Christmas / Phil Perry

Phil Perry

 3番、イリノイ州出身、57歳、フィル・ぺリーです。曲は「クリスマスは我が家で」。
 某のど自慢風になってしまいましたが、ペリー曹長が歌うはこちらもクリスマス・ソングとしては有名な曲ですね。第一次世界大戦中に、兵士が早く我が家に戻りたい……という戦地での願いが元アイディアで、それをクリスマスに置き換えたそうな(wiki調べ)。ビング・クロスビー版で有名になり、シナトラなんかも歌ったこの曲、R&B的にもブラマクやらMr.ビッグスことロン・アイズリーなど、男性によるシルキーなカヴァーが多いかと。
 で、このペリー曹長も当然ながらその手の感じ。しっとり、アダルトなムードで酔わせます。アレッ?な口笛が飛び出すなど曹長ご機嫌。後半のフェイクもとても楽しそう。ファルセットと地声の両刀でグイグイ攻めます。ちなみに本当は曹長ではありません(当たり前)。


04. The First Noel / Angie Stone

Angie Stone

 いよっ来ました真打! ドレスでバイクにまたがる予想ガイ!
 ……で、アンジー母さんが歌うは「牧人 羊を」という賛美歌103番。わたくし、この曲あまり馴染みがなかったのですが、さすが母さん、気づけばいつの間にか一緒に、のぉーえ〜〜〜る、のぉーえ〜〜〜る♪と歌ってました。そりゃ冒頭から客に指スナップさせるくらいですもの、ノセるのは得意ですよね。
 というか、これでまた「アンジー・ストーンのカヴァーは傑作ばかりなり」伝説に新たな1ページが。レイドバックしたメロディの乗せ方で生まれる、あのグルーヴ。心地よいっす〜! アレンジャーに名前はありませんが、バチッと目でクリス・デイヴィスに指示を出したり、けっこう口出ししたハズ。後半、転調してからは完全にアンジー・ワールドに持っていきます。この人はいつもカヴァーするときは独自の要素を入れますわね。最後のフェイクあたりとかたまりません……ハァハァ。ごちそうさまでした。


05. Have Yourself A Merry Little Christmas / Joe

Joe

 世間的にはこちらのほうが需要ありそう。最新作『Signature』が素晴らしかったジョー・ルイス・トーマスさんの登場です。ペナルティのワッキーと生年月日が一緒なジョーさん(アラフォー)。ワッキーはスベりまくりですが、ジョーさんは頭がよくスベりそうですね。こらっ
 さて歌うは、ジュディ・ガーランドのミュージカルから生まれたクリスマス・ソング。たくさんのアーティストがカヴァーしている人気クリスマス曲ですよね。で、ジョーさんも最近発表したクリスマス盤『Make Sure You're Home for Christmas』あるいは『Home Is The Essence of Christmas』にてまたこの曲を取り上げてます。つーか、“God Rest Ye...”も“I'll Be Home...”もなんですけどね。
 しかし、であります。はっきり言って、しっとりかつグルーヴィというスムース・ジャズなこちらのほうが断然よろしい!と断言しましょう。好みの問題かもしれませんが、かなりジャズっぽく迫ったスロウなあちらは、ちょっとジョーにはハードルが高かったような気がします。こちらは、椅子に座ってやたら気障っぽく歌うところとか、カメラ目線がウザいとか、めっさ高価そうな時計が気になるということをのぞけば、ライヴ演奏ということもあってノってる歌が聴けます。1曲目で活躍したスパーのサックスの人が、色っぽい味わいを増してくれますし。いくら最近のジョーが、最新作やメイズのカヴァーなどもろアダルト・コンテンポラリーに狙いを定めたマダム・キラー路線をひた走ってるとはいえ、まだ30代なんですし、あんま老けこんじゃあいけませんよね。


06. Oh Holy Night / Vanessa Renee Williams

Vanessa Renee Williams

 セデスの人ではありません、残念ながら。まぁ今時、シオノギ製薬のCMで知ってる人なんて少ないでしょうが。アフリカン・アメリカン初のミス・アメリカに輝いたスーパー美人と間違えられるのがやっぱりイヤなのか、ミドルネームも強調しているゴスペル・シンガーです(ひどい紹介の仕方)。
 曲は、これまた有名なクリスマス・キャロルの「さやかに星はきらめき」。徐々に盛り上がっていく曲調から、歌じまんが取り上げる曲でもあります。またまたまたですが、マライア・キャリー版が有名でしょうか。あれがさらに歌じまんコンテスト的な意味合いに拍車をかけたような気がします。
 基本的に賛美歌 or チャーチっぽい感じのヴァージョンが多い中で、こちらはやっぱりちょっぴりジャジー。それゆえかオリジナルのメロディなんかが加わって、ちょっと聴いたことがないカヴァーになってます。最後の方は、わたしゴスペル・シンガーよ!という意地を見せるような、つまりやっぱり歌じまん的な展開に。


07. Little Drummer Boy / Tony Rich

Tony Rich

 そう、ひとりでもプロジェクト。西川貴教的なトニー・リッチ・プロジェクトのトニー・リッチです。あの部屋の隅っこで体育座りしながら「誰もしらない〜」としょぼくれてた、あのトニーですよ! bmrのインタヴューで、ひとりのオンナじゃダメなんだ……と明言したスケベ野郎のトニーですよ!(説明過多)
 歌うは、これまたポピュラーな「リトル・ドラマー・ボーイ」。ぱーー、らんっ、ぱん、ぱん、ぱんっ♪が可愛いアレです。アリシア・キーズはじめ、女子が「リトル・ドラマー・ガール」としてカヴァーすることもけっこうありますが、そんなことするとI山M奈美から文句言われますよ!(笑) それはともかく、me and my drumという歌詞のとおり(?)アントニオさんの歌以上にドラムが目立ちます。……ってトニーがさらっと歌いすぎてるだけという話も。
 それにしてもこの人、こんなアジアっぽい顔立ちでしたっけ? ちょっとアッシャーにも似てる。ちなみに上のヴァネッサ“セデスの人じゃない”ウィリアムズと、このトニー・リッチにはインタヴュー・コーナーがありません。どういう待遇差?


08. This Christmas / Mike Phillips & Angie Stone

Mike Philips & Angie Stone

 さぁー来ましたよぉー真打!(再)
 アンジー母さんと、すむ〜すといえばこの人、名サキソフォニスト、マイク・フィリップス! 最近ではプリンスのツアーにも同行したとか。
 このふたりで臨むのは……でーーーまーーーしーーーたーーーダニー・ハサウェイの名曲! これをアンジー母さんが歌ってくれるなんて……それを聴ける日がくるなんて……ウルウル(大げさ)。当然ながらマイク・フィリップスとパートを分け合うわけで、というかむしろマイク・フィリップスが主体という感じなわけで……。歌うパートが減っているわけではありませんが、フェイクなどの魅せどころはマイクに譲っているので、母さんならではの部分が無いのが残念(ってカヴァーするたびにそんなの求められても困るだろうが)。しかし、マイク・フィリップスのサックスも気持ちよいですし、アンジー母さんの軽やかな歌いっぷりもそれでも素敵。まぁ“The First Noel”とどっち取るかって訊かれたらあっちですけどね……。“This Christmas”はクリスマス3大好きな曲のひとつなので、ちょっと厳しい評価でございます。
 ちなみにこの曲といえば、最近じゃクリス・ブラウン版も素敵でございました。それ収録のそのまんま、『This Christmas』(クリスが出演してた同名映画のサントラですね)にはクリス版“Try A Little Tenderness”もありましたが、あのカヴァーも良かった。あと、今年出たTrin-I-Tee 5:7のホリデイ・アルバム『Love, Peace, Joy At Christmas』に、レーベル・メイトであるというつながりだけでマシュー・ノウルズのゴリ押しのもと(想像)、ブライアン・コートニー・ウィルソンによるこの曲のカヴァーがボートラ収録されてますが、これが最高に素晴らしい。サウンドがちょっとチャチい感じがしますが、あの歌声を聴くためだけに買ってもよいのではと。古いのではココの若々しい青い声で歌われるSWV版も好きです。


09. Silent Night / Mike Phillips, Plunky & Spur of the Moment

Mike Philips, Plunky, Spur Of The Moment

 マイク・フィリップスとプランキーというサキソフォニストふたりと、スパーという、サックス合戦なこちら。
 演奏するのは「キヨシしっかりしなさい」……じゃなかった、「きよしこの夜」ですね。無理やりボケてるとか言うな! ま、この曲こそ説明不要、誰でも知ってる定番中の定番のクリスマス・ソングですね。
 アフロ・ジャズ系のプランキーさんがいるせいか、妙にグルーヴィにスタートしますが、バック・シンガーによるコーラスなどかなりオリジナルな要素が強く、みんなの知ってる「きよしこの夜」とはけっこうかけ離れてます。……が、マイク、プランキー、そしてスパーの人、のサックス合戦はなかなか熱い! もうこれメインでセッションみたいな感じにしちゃったほうがもっとカッコ良かったんでは、と思いましたが、そうだこれは「きよしこの夜」だった。笑


10. Away In A Manger / Phil Perry

Phil Perry

 最後を飾るのは、ペリー曹長ふたたび。
 歌うは賛美歌の「飼い葉の桶で」。ナット・キング・コールやアンジー・ワイナンスなど渋めの人が取り上げることが多いですね。
 宗教色が強いせいか、これまでの演奏曲に比べ、かなりシリアスというか、スムース・ジャズ色を消して壮大な仕上がり。後半のペリー曹長の熱唱にグッときます。


 そして……なんとエンディングはCD未収録、全員集合で大団円な“This Christmas”!!!
 アンジー・ストーン&ジョー&メイサの掛け合い、解放感に満ちあふれ(?)楽しげにフレーズを突っ込むフィル・ペリー、トロンボーン(?)を吹くブライアン・カルバートソン、声量で負けてるからか、濃い面子にヒキ気味なのか、苦笑い(?)気味でおとなしいトニー・リッチ……と超おもしろい内容なのに、エンドロール扱いで小枠。しかも最後のほうはせっかくみんながフェイク合戦してるらしいのに、その音声が流れない! どーーーゆーーーことーーー!!!!!!!!????????? ビックリするぐらいモッタイないんですけど!

Joe & Angie Stone
Phil Perry & Maysa
Angie Stone & Tony Rich


 ちなみにボーナス特典としては合間に挟まるインタヴュー・コーナーのみの部分(要らなくね?)、ちょっと画像が荒いオフショットのフォト・コーナー(あんまり要らなくね?)、そしてBehind The Scene。
 で、この2分16秒×2本あるBehind The Sceneが、なーんとアンジー母さんのリハーサル風景(!)。お客さんを入れて、カメラ・テストなんかも含めたランスルーでの本格的なリハーサルのようですが、演奏にあわせて即興のメロディ(と思われる)でどんどん歌ったり、それを客に歌わせたり、貴重な瞬間の連発。これこそまた、本作がアンジー・ファンはマストたる所以なのであります。
 しかしあの20名もいない客はなんなんだろ。関係者? ちょー羨ましいZE。


 どうですこの内容。
 以下オフィシャル・サイトで高画質トレーラーや音源試聴などできます。
 http://www.souloftheholidays.org/

 ではぜひ今年は『Soul Of The Holidays』で素敵なクリスマスを……☆
リビュー | permalink | comments(1) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

ひさしぶりの更新! 楽しみにしてました〜
と思ったらなんなんだこのこれまでにない文章感(笑) 原稿書きから解放されまくったらこうなりました的な! めちゃめちゃ面白いです。

CD取寄せ、CD Babyかあ。
取り寄せたころにはクリスマス終わってるし。でもこういうコンピって嬉しいですね。
face | 2009/12/20 10:06 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://2045radicalman.jugem.cc/trackback/437
この記事に対するトラックバック
THE TITLE OF THIS BLOG
Search (in this blog)

About The Author
ライク・ア・ロケット
スイスのR&BスターSEVENの『ライク・ア・ロケット』(PCD-93239)でライナーノーツを担当しました。詳しくはこちらを。
Seven - Like A Rocket

ソランジュ&ザ・ハドリー・ストリート・ドリームス
SOLANGEの『Sol-Angel & The Hadly St. Dreams ソランジュ&ザ・ハドリー・ストリート・ドリームス』(UICF-1107)でライナーノーツを担当しました。ボーナストラック付きです。
Solange - Sol-Angel & The Hadley St. Dreams

サニー・ワン・デイ
ニューヨークのジャジー・ソウル・デュオ、ALBRIGHTの『サニー・ワン・デイ』(PCD-93145)でライナーノーツを担当しました。詳しくはこちらを。
Albright - Sunny One Day

ホーム
スイスのR&BスターSEVENの『ホーム』(PCD-93036)でライナーノーツを担当しました。詳しくはこちらを。
Seven - Home



Tag Search