<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< Amel Larrieux来日公演決定 | main | For The Sweet Teeth Only... SRBC Special vol. 2 -Aussie R&B Part 2- >>

For The Sweet Teeth Only... SRBC Special vol. 2 -Aussie R&B Part 1-

ぺたぺた色々貼りすぎたせいで表示に時間がかかり過ぎるみたいなので2つに分割することにしました。こちらはパート1です

SugaRush Beat Company
さて、シュガラッシュ特集の第2弾。
→前回はコチラ
今回はSRBCサウンドの肝でもあるJarrad 'Jaz" Rogersと、オーストラリアについて。
ジャズ・ロジャースだけだとあまりネタが無いのもあるのですが(笑)、ラサーンはオーストラリアンR&Bシーンにも色々関わりがあったりして。なのでまとめてお届け。

それではまずジャズから。
Jarrad 'Jaz' Rogers
ジャズことJarrad Rogersは15年間クラシック・ピアノを学んだほか、トランペットにも長け、ジャズバンドやオーケストラなどで演奏。さらにヴォーカル・トレーニングも受けたことがあり、バンドで歌っていたこともあるそう。
そんな彼が頭角を現しだしたのは作曲家として。Delta GoodremGuy Sebastianといった豪州のポップ・アーティストへの楽曲提供が好評を得ます。その後、Jimmy BarnesDeni Hinesのような豪州のベテランや、スター発掘番組アメリカン・アイドルの豪州版である「オーストラリアン・アイドル」出身組(ガイ・セバスチャンもそう)の制作に関わる等してキャリアを積み、現在は、日本でも人気のあった英国のバンドRoosterのヴォーカルNick Atkinsonのソロデビューアルバムが待機していたり、Lauryn Hillの新作に関わる予定なんだとか!?

Beautiful Life
Guy Sebastian - Beautiful Life
ガイ・セバスチャンは、オーストラリアン・アイドルの記念すべき第1シーズン優勝者。キャリア的にもオーストラリアン・アイドルの中で最も成功しているみたいです。
こちらは2005年に発表したセカンドアルバム。カヴァー主体のデビューアルバムを経て、オリジナル楽曲中心のR&B色を強めた作品。自身でもソングライティングに関わってますが、何と言ってもRobin Thicke、(彼のアイドルだという)Brian McKnight、Jamey Jazらが参加、さらにデュエット相手としてMyaを起用というから豪華。
ジャズ・ロジャースは最後2曲に関わっており、特に表題曲となる"Beautiful Life"はジャズ&ラサーンとの共作!という点も見逃せない盤。

ばりばりラー色出てますね♪ていうか歌ってるし(笑)


ちなみに彼の最新作はその名も「The Memphis Album」というメンフィスソウル・カヴァー集と、なかなか面白いですね(MySpaceで聴けます)。


Double Happiness
70年代から活躍していたオーストラリアン・ロックの大御所ジミー・バーンズが2005年に発表したデュエットアルバム。ゲストの多くを豪州勢から呼んでいるなか、Mica Parisやラサーンも参加。ラサーン曲"Say It Ain't So"はジャズやラサーンとの共作曲でもあります。


関連アーティストはまだまだいますよー。
まずは豪州のシンガー・ソングライターDaniel Merriweather
SRBCの"The End"はジャズと彼の共作だったりします。
Daniel Merriweather
ダニエルの名前はMark Ronsonの作品で知っている方もいらっしゃるでしょう。ロンソンのファースト「Here Comes The Fuzz」収録の"She's Got Me"を共作&歌っているのが彼。日本盤ボートラあるいは「Ooh Wee」シングルに収録されていた"NYC Rules"(ソロリリース時は"City Rules")も彼の曲。
去年のセカンド「Version」からのファーストシングル"Stop Me"を歌っていたのも彼なんです。
Rhymefestのミックステープ盤収録の"Breakadawn"など様々な作品への客演や、ジャズも関与しているNessa Morganのアルバム「Sex & Poverty」で"Will Be"をジャズと共作と裏方仕事もこなしつつ(未だリリースされないDeemiのアルバム曲にも関わってるぽい)、今年にはJ Records傘下のロンソン絡みのレーベルAllido Recordsからデビューアルバム「Love and War」を発売予定(英国ではColumbia Recordsから)。当然ロンソンもがっつり関わってくるみたいなので、世界的にも大期待の新人でありますね。
She's Got Me City Rules
それぞれロンソンのアルバム/シングル収録曲をソロとしてリリースしたもの。右の"City Rules"は、"NYC Rules"と同じ。
どちらもただいま売り切れ中。誰か売って下さい。
Mark Ronson feat. Daniel Merriweather - She's Got Me


Daniel Merriweather feat. Sigon - City Rules


Mark Ronson feat. Daniel Merriweather - Stop Me


Phrase - Catch Phrase feat. Daniel Merriweather

豪州のラッパー。彼のアルバムに、ダンはこの曲含む3曲で参加してます
Talk with Force

Daniel Merriweather - Stop Me (live acoustic at the iTunes Festival, Feb 2008)


Daniel Merriweather & Estelle - Blame It On The Sun (live acoustic at the iTunes Festival, Feb 2008)

ロンソン繋がりでしょうか、何とエステルと共演!歌ってるのは勿論スティーヴィ。

Daniel Merriweather with Amy Winehouse - Lately (live acoustic)

暗くて分かりにくいのですが、何とギターを弾いてるのは葡萄家。これもロンソン繋がりでしょうね。
ちなみにダニエルはこのスティーヴィのカヴァーをClive Davisの前で歌って契約を取ったんだとか。
リビュー | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://2045radicalman.jugem.cc/trackback/417
この記事に対するトラックバック
THE TITLE OF THIS BLOG
Search (in this blog)

About The Author
ライク・ア・ロケット
スイスのR&BスターSEVENの『ライク・ア・ロケット』(PCD-93239)でライナーノーツを担当しました。詳しくはこちらを。
Seven - Like A Rocket

ソランジュ&ザ・ハドリー・ストリート・ドリームス
SOLANGEの『Sol-Angel & The Hadly St. Dreams ソランジュ&ザ・ハドリー・ストリート・ドリームス』(UICF-1107)でライナーノーツを担当しました。ボーナストラック付きです。
Solange - Sol-Angel & The Hadley St. Dreams

サニー・ワン・デイ
ニューヨークのジャジー・ソウル・デュオ、ALBRIGHTの『サニー・ワン・デイ』(PCD-93145)でライナーノーツを担当しました。詳しくはこちらを。
Albright - Sunny One Day

ホーム
スイスのR&BスターSEVENの『ホーム』(PCD-93036)でライナーノーツを担当しました。詳しくはこちらを。
Seven - Home



Tag Search