<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< Ra-Re V. とラサーンの愉快な仲間たち | main | ラシェルとテディーのライヴ後記 >>

Soul Togetherness 2007 & Soul Lounge 4

今年もこんな季節が来たんですねえ

英国ExpansionDomeから恒例のコンピレーションです。

Soul Togetherness 2007
「Soul Togetherness 2007」

01. Tuomo - "Don't Take It Too Hard"
02. Wahoo - "Don't Take It Personal"
03. Jazztronik - "Beautiful Flow"
04. Darlene McCoy - "U-N-I-T-Y "
05. Rena Scott - "We Can Make It Better"
06. Mo & Grazz - "Some Things Never Change"
07. Tassel & Naturel - "Let Love Shine"
08. Alicia Myers - "Satisfied"
09. Seven - "Brother & Sister" (feat Tamar)
10. Billy Griffin - "Romantic Number"
11. Norman Hutchins - "I Really Love You"
12. Karl Frierson - "Ten Minutes"
13. Cool Million - "Naughty Girl"
14. Kim English - "It Makes A Difference"
15. DJ Jazzy Jeff - "My Soul Ain't 4 Sale" (feat Raheem DeVaughn)

アマゾンでは10/2発売、HMVでは10/22発売とのこと。
ま、10月中ってことで。


Soul Lounge
「Soul Lounge 4: 40 Soulful Grooves」

[Side 1]
01. Mikelyn Roderick - "Slippin'"
02. Donnie - "If I Were You"
03. New Mastersounds - "Your Love Is Mine" (feat Corinne Bailey Rae)
04. Gordon Chambers - "To Love Again" (feat Ledisi)
05. Eric Roberson - "Iluv2much" (feat Algebra Blessett)
06. Wayna - "Mama's Sacrifice"
07. Anthony David - "Words" (with India Arie)
08. Martha Redbone - "Children Of Love" (radio edit)
09. Hil St Soul - "Higher Ground"
10. Adriana Evans - "Underneath The Stars"
11. Julie Dexter/Khari Simmons - "Fooled By A Smile"
12. Laurnea - "Run Away"
13. Cooly's Hot Box - "It's Alright"
14. Maysa - "Earth Child"
15. Conya Doss - "Sixth Of June (Miracle)"
16. Alice Russell - "All Else Can Wait"

[Side 2 ]
01. Joslyn - "Used To"
02. Donald McCollum - "Baby You Could Be Mine"
03. Rahsaan Patterson - "Straighten It Out"
04. Angela Johnson - "Anything"
05. Rosie Gaines - "Wanna Be"
06. Carleen Anderson - "Little Woudln't I Do"
07. Gordon Chambers - "Stay Together"
08. Mikelyn Roderick - "Easy"
09. Inner Shade - "Tell Me Something" (feat Chris Ballin)
10. Full Flava - "Reach Out" (feat Ruby Turner)
11. Brenda Russell - "When You Comin' Back To Me"
12. Martha Redbone - "Just Because"
13. Donna Gardier - "I Go Crazy"
14. Incognito - "Always There" (with Jocelyn Brown - acoustic version)
15. Don E - "Slow" (feat Lornette Ford)
16. Sinclair - "It's Over"

[Side 3]
01. Incognito - "The World Is Mine"
02. James Taylor Quartet - "Got To Give It Up"
03. George Duke - "T Jam"
04. Full Flava - "Music Is My Way Of Life" (feat Kelli Sae)
05. Full Flava - "September" (feat Chantay Savage)
06. Avani - "Watching You" (feat Rahsaan Patterson & Carl McIntosh)
07. Anthony David - "Yes"
08. Isabel Fructuoso - "The Rhythm Is Magic" (instrumental mix)

10/1発売。

Soul Togethernessはわざわざマイスペに専用アカウントあり。snippet聞けます。こちら
Soul Lounge 4はjuno recordsで全曲(!)試聴可能。こちら
ざっくりと。

Soul Togetherness 2007→
今回は日本、フィンランド、ドイツ、フランス、スイス…と色んな国から集められてるのが特徴的と言えますか。

(1)すでに日本でも話題のTuomo(来日来阪嬉しいな〜♪)はもち「My Thing」より

マイ・シング

(2)ドイツよりハウス系のWahooは来月発売予定のデビュー盤「Take It Personal」にも収録される話題のシングル
TAKE IT PERSONAL

(3)我らが日本からは野崎良太のプロジェクトJazztronikの曲はこれ、"Beauty-Flow"のことかな?だとするとSonomi Tameokaが歌う日本語詞のオリジナルなのか、Lorraine Catoが歌う英語詞のIncognito Sessionのほうか。個人的には後者のほうが好き。前者は今年発売のミニアルバムより、後者は同じく今年のアルバム「Grand Blue」より

Beauty-Flow Grand Blue
ところでロレイン・カトはこれを機に復活とかしないのかなあ

(4)Dallas Austinプロデュースの"Fallen In Love"が話題を呼び、今年デビューしたコンテンポラリー・ゴスペルの新人Darlene McCoyは、そのデビュー盤より
Darlene McCoy

(5)ベテランRena Scottは、MtumeやReggie Lucasを迎えて制作された79年のアルバム「Come On Inside」より

(6)ベルギーの歌手とDJのデュオMo & Grazzは昨年発表のアルバム「Fallin' Upon Def Ears」より
Fallin' Upon Def Ears

(7)フランスのクラブジャズ系Tassel & Naturelは今年発売の最新作「Food For Thought」より
Food For Thought

(8)One Wayのリードとしても知られたベテランAlicia Myersは何と未発表曲!
さすがExpansionですね〜

(9)スイスのR&BシンガーSevenは今年発売の最新作「Home」より

Home
Tamarとの麗しいデュエットに目をつけるとはさすが!(再)
この盤は以前細かく書きました。これこれ

(10)The Miraclesにリードシンガーとして途中参加、75年のヒット曲"Love Machine"でも歌っていたベテランBilly Griffinが、(最近ではEbony Alleyneを手がけた)Ian Levineと組んだ96年作「The Best of Billy Griffin」より
The Best of Billy Griffin

(11)ゴスペル歌手Norman Hutchinsの去年発売の最新作「Where I Long To Be」より
Where I Long To Be

(12)ドイツのエレクトロ系De-Phazzのメンバーでもあるゴスペル歌手Karl Friersonの2006年のアルバム「Soulprint」より
Soulprint

(13)シカゴを拠点に活動しているハウスシンガーKim Englishの2006年発売のアルバム「My Destiny」より
My Destiny

(14)言わずと知れたDJ Jazzy Jeffが、Raheem DeVaughnを招いたこの曲は今年出た最新作「The Return of the Magnificent」より
ザ・リターン・オブ・ザ・マグニフィセント



Soul Lounge 4→
ま、いつもの感じです。レア曲はほんの数曲まぶした程度。

元By All Meansの紅一点Mikelyn Roderickから2曲はどちらも今年発売のソロデビュー盤「Copasetic Is...」より
ラサーンとのデュエットなんかをあえて外したのは来年以降に収録って意図があるんでしょうねえ
コパセティック・イズ
EbonyEbony様による素敵な説明文はこちら

最近カミングアウトしたことでも話題のDonnieは今年発売のセカンド「The Daily News」より
The Daily News

デビュー前のCorinne Bailey Raeが歌うのはロンドンのインストファンクバンドThe New Mastersounds、2003年のセカンドアルバム「Be Yourself」より(国内盤は今年ようやくリリース)

Be Yourself

Gordon Chambersの2曲は今年発売のセカンド「Love Stories」より
ラヴ・ストーリーズ
EbonyEbony様による素敵な説明文はこちら

Eric Robersonは今年発売の最新作「...Left」より
レフト
以前の紹介記事はこちら
ちなみに来月Anthony Davidとコットンクラブで来日公演アリ
さらにちなみにフィーチュアされているアトランタのAlgebra Blessettは今年デビューアルバム「Purpose」をリリース予定。先日のJoe来日公演にも同行
EbonyEbony様による素敵な説明文はこちら

かのStevie Wonderに「Syreetaを思い出させる」と言わしめたWayna(BIIMのおっさんと名前間違えそう)は2004年のデビュー作「Moments of Clarity - Book I」より

Moments of Clarity - Book I
EbonyEbony様による素敵な説明文はこちら

アトランタのAnthony Davidは1曲は去年発売のセカンド「The Red Clay Chronicles」より
もう1曲は2004年発売のデビュー盤「3 Chords & the Truth」より
レッド・クレイ・クロニクルズ 3コーズ&ザ・トゥルース
EbonyEbony様による素敵な説明文はこちら

Martha Redboneの2曲は去年発売のセカンド「Skintalk」より
スキントーク

毎回しつこく収録するHil St. Soulはしつこく(唯一Domeからリリースされた)99年のデビュー盤「Soul Organic」より
Soul Organic
しつこく今年またリイシューしたみたいだお

Adriana Evansは今年発売のサード「El Camino」より
El Camino
以前の紹介記事はこちら
今年の来日公演レポはこちら

Julie Dexterと、JivaのリーダーでもあるKhari Simmonsのアトランタコンビは去年発売の「Moon Bossa」収録のSwing Out Sisterのカヴァー
ムーン・ボッサ
EbonyEbony様による素敵な説明文はこちら

アトランタのLaurneaは2005年発売の「I Remember」より
アイ・リメンバー
EbonyEbony様による素敵な説明文はこちら

Angela Johnsonが参加していることで知られるCooly's Hot Boxは2001年発売のデビュー盤「Take It」より
テイク・イット

Incognitoのヴォーカルとしても知られるMaysa Leakは99年発売のセカンド「All My Life」より
All My Life
EbonyEbony様による素敵な説明文はこちら

Conya Dossは2004年発売のセカンド「Just Because」より

ジャスト・ビコーズ

英国のAlice Russellは2005年のセカンド「My Favorite Letters」より
My Favorite Letters


Tamia似の歌声を涼しげに響かせるJoslyn Pettyをフロントに据えるインディー3人組Joslynは2006年作のデビュー盤「Joslyn feat So Very」より
Joslyn feat So Very
オフィシャルか一部でしか取り扱ってないみたいですが、かなり良さげ
今年、新作「On Off The Time」をリリース予定のよう。注目ですね

Donald McCollumはMySpaceで聴けた、トニーズの名曲"Lay Your Head On My Pillow"風(てかリメイク?)の"Baby B Mine"(コンピ表記では"Baby You Could Be Mine")が収録。
いまだ発売されてるのか発売する気があるのか謎な最新作「Nu Power Soul」より
Nu Power Soul
ここで一度紹介済み
暇なときにメッセージでも送ってCD売ってるか訊いてみよっかな。
何にせよこの曲が聴けるようになるのは嬉しい〜


Rahsaan Pattersonは2004年に発売されたサードアルバム「After Hours」のUK盤のみに収録されたシークレットトラック
After Hours

Angela Johnsonは2004年発売のセカンドアルバム「Got To Let It Go」より
Got To Let It Go
この盤に関しては国内盤とUK・US盤では内容が異なります!詳細はこちら

元Prince一派のベテランRosie Gainesは2004年発売の「You Gave Me Freedom」より
You Gave Me Freedom

Carleen Andersonは2005年発売の最新作「Soul Providence」より
ソウル・プロヴィデンス
以前の紹介記事はこちら
EbonyEbony様による素敵な説明文はこちら

IncognitoのBlueyのプロジェクトInner Shadeは99年発売の唯一のアルバム「4 Corners」より。去年リイシューされたぽい
4 Corners

UKソウル・プロジェクトFull Flavaは2000年発売の「Chinese Whispers」から1曲、今年発売の「Music Is On My Way of Life」より2曲


チャイニーズ・ウィスパーズ Music Is On My Way of Life
EbonyEbony様による素敵な説明文はこちら

Donna Gardierは何と新録??Will Downingの91年曲"I Go Crazy"のカヴァー(元々はPaul Davisの77年のヒット曲)
復活なんですかねえ?
7月に出た謎のこのコンピにも収録。ちらっと聴けます

Incognitoは1曲は去年発売の「Bees + Things + Flowers」収録の、91年の自身のヒットを再演・新録したもの。
もう1曲は2004年発売の「Adventures in Black Sunshine」より

Bees + Things + Flowers アドヴェンチャーズ・イン・ブラック・サンシャイン

Don-Eは2005年発売のアルバム「Try This」より
Try This

James Taylor Quartetは今月発売したばかりの「Don't Mess With Mr. T」よりMarvin Gayeのカヴァー
Don’t Mess With Mr.T/ジェームス・テイラー・カルテット Plays Motown

George Dukeは2005年発売の「Duke」より
Duke

Avaniは2004年発売の「The Real Thing」より、Loose Endsの88年ヒットのカヴァー
ザ・リアル・シング



毎度同じような面子の同じような音、の「Soul Lounge」シリーズには早くも食傷気味だったり(笑)
でも相変わらず抜群のコストパフォーマンスです。3枚組40曲ですからねえ。掘り出し物もありますし。
ま、ちょっと比較の対象を間違えてるんですけどね。「Soul Lounge」シリーズのExpansion版(?)は「Luxury Soul」シリーズ。但しこちらは1月アタマに毎年リリースされるので、2007年盤はもうとっくに発売済。
但しExpansionは同じく3枚組のコンピ「Soul Cafe」を8月にリリースしてたり…棲み分けはどうなってんだ(笑)
Soul Cafe
既に別コンピで蔵出ししてたテイマーちゃんのSteve Harvey曲がまた収録されてたり。押しますねえ(笑)
Expansionは、「Soul Togetherness」プレゼンツでAshford & Simpson提供曲コンピを出したり、レア音源・初出音源満載コンピの「Soul Desirable」、「Soul & The City」などなど…
今年だけでもかなり連発してますねえ。。。ソウル付けたらええゆうもんちゃいまっせ(笑)
The Ashford & Simpson Songbook Soul Desirable Soul & The City
でもこれがどれも良い仕事してるんですよねえ。
「Soul Desirable」についてはうちでもまるまる取り上げたことありますが、特にオススメです。
リリース情報 | permalink | comments(3) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

ほぼ全曲紹介とは恐れ入りました!さすがですね〜。そして、おつかれさまでした。これ見れば該当コンピがどういうものか、すぐ分かりますね!あと当ブログへのリンクも有難うございました!該当記事探すの大変だったと思います。なんかこうやって挙げていただくと私はDomeマニアみたいですが、でもどのアーティストのアルバムもいいんですよね。こういったコンピレーションは入り口ものとして機能するので、とっかかりにはいいですよね。そしてだぶさんの言うように、ほんとどれも良い仕事してると思いますよ。
EbonyEbony | 2007/09/29 9:52 PM
>おつかれさまでした

この言葉に泣けますね(笑)。
思った以上に時間がかかり…
しかもSoul Togethernessのところで一回ブラウザ落ちて… 一旦フテ寝しました(笑)。
今振り返ってみるとhtmlタグがぐちゃぐちゃな文章もありましたね。苦労がうかがえます(笑 ←修正しときました)

エボさんの記事へのリンクは、大体「これ取り上げてたな〜」と覚えてたので検索して割とすぐでしたよ。色々書いてるな〜改めてすげえな〜と思いながらリンクさせて頂きました。手抜きとも呼びます(笑)。
Expansionは連発してますが、どれも本当に良い選球眼ですね。Ashford & Simpsonソングブックもありそうで出てなかったし。
代わってDomeは、いつもひねりがないというか…安心できるんですけどねぇ。
でもJoslynなんて良いアーティストに出会えたし、やっぱりDomeはDomeで凄い。
だぶ | 2007/09/29 11:19 PM
確かにExpantionは良い選球眼ですね〜。いつも唸らされます。Domeはひねりはないけど、所謂ネオソウル〜オーガニック界隈のアーティストたちを、日本のP-Vineさん同様盛り上げるのに、貢献してますね。共によいレーベルでしょう(笑)

>〜と思いながらリンクさせて頂きました。手抜きとも呼びます(笑)。

私もだぶさんのところ使わせて頂いているので、おあいこです(笑)
EbonyEbony | 2007/09/30 12:15 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://2045radicalman.jugem.cc/trackback/372
この記事に対するトラックバック
V.A. / SOUL TOGETHERNESS 2007 (EXPANSION) 「今年もこの季節がやって参りました」と下期恒例のこのお決まりの冠も今回で7度目。おなじみEXPANSIONの放つ新旧競演の人気モダン・ソウル・コンピ・シリーズ「SOUL TOGETHERNESS」の通算8作目が到着♪ 旬な音を旬な
THE TITLE OF THIS BLOG
Search (in this blog)

About The Author
ライク・ア・ロケット
スイスのR&BスターSEVENの『ライク・ア・ロケット』(PCD-93239)でライナーノーツを担当しました。詳しくはこちらを。
Seven - Like A Rocket

ソランジュ&ザ・ハドリー・ストリート・ドリームス
SOLANGEの『Sol-Angel & The Hadly St. Dreams ソランジュ&ザ・ハドリー・ストリート・ドリームス』(UICF-1107)でライナーノーツを担当しました。ボーナストラック付きです。
Solange - Sol-Angel & The Hadley St. Dreams

サニー・ワン・デイ
ニューヨークのジャジー・ソウル・デュオ、ALBRIGHTの『サニー・ワン・デイ』(PCD-93145)でライナーノーツを担当しました。詳しくはこちらを。
Albright - Sunny One Day

ホーム
スイスのR&BスターSEVENの『ホーム』(PCD-93036)でライナーノーツを担当しました。詳しくはこちらを。
Seven - Home



Tag Search