<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< Channel 7...stay tune. | main | Chrisette MicheleもErroもAnthony Davidも来ますって。 >>

Colors of Medby

Soul Source Productionの箭内健一が手がけた女性歌手Medby(メビィ)のデビュー盤「Color My Days」が最近ヘヴィロです。

Color My Days

01. Rise
02. See You In My Dreams
03. Let You Go
04. In A Smoky Mood
05. For The Love of You
06. for tomorrow morning (interlude)
07. Whispers
08. Say You Love Me
09. Make It Simple


以前には瀧澤賢太郎のアルバムに数曲でフィーチュアされていたりと、どちらかと言えばハウス系のシンガーというイメージの彼女ですが、影響を受けたアーティストの項ではErykah Badu、Amel Larrieux、Adriana Evans、Jill Scott、Sade、Julie Dexter、Meshell Ndegeocelloなどなどなど…と本人の嗜好は推して知るべし。
というかMySpaceで聴いてイッパツで惚れ込んで発売を楽しみにしていたのですが(先月発売)、いやー良いアルバムです。

Rasmus Faberが参加している、なんてトピックもあるように、ハウス路線を一方に持ちつつも、まず何と言っても惚れたのがもう一方、ソウル路線。
と言ってもどすこい節のゴスペル・シンギングではなく、アリーヤを思わせるような魅惑の囁きハイトーンがゆらゆら揺れる、心地よい歌声。最近復活したYoshikaにも似た、とにかく良い声なんです。
そしてそれが(エイドリアナ・エヴァンスのファーストのように)、ヒップホップソウルと言うにはあまりに黄金時代のソウルに会釈したような、しかし明らかに90年代以降の表現と言えるハイブリッド感のサウンドに乗るわけであります。
誤解を恐れて一言で言うなら日本のエイドリアナ・エヴァンス!でもヴォーカルスタイルが基本的に異なると思うので、やっぱ注釈を入れたくなる。←どないやねん
に、してもつい先日そのエイドリアナ・エヴァンスも出演するイベントで一緒だったというのは、なかなかどうして。


さて、もっと具体的に話しましょう。
何を置いても僕がまず語っておきたいのがPatti Austinのカヴァーとなる8曲目"Say You Love Me"。
エンド・オブ・ア・レインボー
このカヴァーが素晴らしい!
もともとどこかミニー・リパートンの"Lovin' You"を想起させるような曲ですが、パティ・オースティンよりも高音部の美しさが印象的で、僕はオリジナルよりも好きですわ。
MySpaceで聴いたときに「これは間違いない!」とイッパツで思わせた、白眉でございます。
キラキラしたアレンジも彼女の声にピッタリですね。

もちろんカヴァーではもう一曲、Isley Brothersの言わずと知れた"For The Love of You"もなかなか良い出来。アイズレー歌うなら"At Your Best"なんてのも楽しかったかも知れない。

そして魅力はカヴァーだけではありません。
続く9曲目、アルバム最後を飾る"Make It Simple"は(アルバム中ほんの2曲しかない)珍しい日本語詞となりますが、歌謡曲的切なさも絶妙に兼ね備えた曲で、オリジナル曲では飛びぬけて素晴らしい出来。これがまた、作詞作曲共にメビィ本人による作というから今後の期待も高めてくれるではありませんか。
ちなみに詞は(他の英語曲含め)オリジナルは全て自身の作、作曲のほうも共作という形で数曲クレジットあります。

他は4曲目をのぞけばハウス仕様ですが、彼女の声を生かしたサウンドになっておりこちらも魅力的です。
サウンドの一部となって響く彼女の声も良いなあー。

まずはMySpaceで彼女の声に出会って、その色を感じてみて下さい。
iTunesでも買えます&聴けます
もう少しふかーく彼女の魅力に触れられるように、こんなものをご用意しました。

"Rise / See You In My Dream / Let You Go"


"For The Love Of You / Say You Love Me / Make It Simple"





ちなみに先日、大阪はSunsuiでのリリースパーティにも行ってきました!
仕事帰りでなかなか辛かったですが…
いやー、生でも素晴らしい声!行って良かったです。

1. See You In My Dream
2. Let You Go
3. Say You Love Me
4. Make It Simple
5. Rise
-encore-
6. In A Smoky Mood

生で"Say You Love Me"〜"Make It Simlple"と聴けたのはほんま嬉しかったですね。
と思ったらあんな晒され方するとは…(謎)
後でメビィさん本人ともお話する機会がありましたが、ジャケ写なんかのイメージをいい意味で裏切ってくれて、楽しかったですわ(笑)
リビュー | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://2045radicalman.jugem.cc/trackback/363
この記事に対するトラックバック
THE TITLE OF THIS BLOG
Search (in this blog)

About The Author
ライク・ア・ロケット
スイスのR&BスターSEVENの『ライク・ア・ロケット』(PCD-93239)でライナーノーツを担当しました。詳しくはこちらを。
Seven - Like A Rocket

ソランジュ&ザ・ハドリー・ストリート・ドリームス
SOLANGEの『Sol-Angel & The Hadly St. Dreams ソランジュ&ザ・ハドリー・ストリート・ドリームス』(UICF-1107)でライナーノーツを担当しました。ボーナストラック付きです。
Solange - Sol-Angel & The Hadley St. Dreams

サニー・ワン・デイ
ニューヨークのジャジー・ソウル・デュオ、ALBRIGHTの『サニー・ワン・デイ』(PCD-93145)でライナーノーツを担当しました。詳しくはこちらを。
Albright - Sunny One Day

ホーム
スイスのR&BスターSEVENの『ホーム』(PCD-93036)でライナーノーツを担当しました。詳しくはこちらを。
Seven - Home



Tag Search