<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< Here Comes "THE SOUL SEEKERS"!!! | main | Sneak Peek: snippets from Tweet's upcoming album >>

Joy Denalane - German Soulstress

あけましておめでとうございまーす。今年も宜しくお願いします。

2006年のフェイバリットに挙げた方も多いんじゃないでしょうか。
ドイツのソング・ストレス、Joy Denalaneのセカンドアルバム「Born & Raised」。
Lupe Fiasco、Raekwon、Governorといったいぶし銀のゲスト陣や、No I.D.やJake One、フィリーのThe Studio録音絡みでLarry Gold、James Poyser、Junius Vervine、Anthony Tidd、Jeff Bradshawなどなど錚々たる面子の揃った強力ネオソウル盤であります。
様々な人が取り上げ、遂にはタワレコの店頭でも強力プッシュされるようになったこのアルバム。やはりというべきか、SMEが国内盤発売に動きました!2/7発売予定。

ボーン&レイズド

ボートラとして"Heaven or Hell"と"Let Go"のリミックスが付いてくるようです。
SMEのサイト見る感じでは"Heaven or Hell (Samon Kawamura Remix)"収録のよう。日本リリースにあたって、ドイツ生まれ東京育ちでベルリン在住のサモン・カワムラによるリミックス収録ってのはピッタリですな。SashliQ Remixも良いんだけど。
もう1曲も同じリミックスになってるけど、コレは間違いなのかな。"Let Go"はどのリミックスが来るんだろ。Common "Go!"のあのリミックス入ったら手放しで賞賛したい。んですけど。

ジョイ・デナラーニのMySpaceはこちら

ファーストシングル "Let Go"


セカンドシングル "Heaven or Hell feat. Raekwon"

レイクウォン94年の"Heaven & Hell"のリメイクを、本人を迎えて。
こちら↓がオリジナル。

これの元ネタはSyl Johnson "Could I Be Falling In Love"
ジョイ版は、コーラス部分をレイクウォンの(曲の終盤に出てくるアドリブ)から引用してるわけでなんですが、レイクウォンのと違うのは、イントロ・アウトロに最後のブレイク部分を使用したり、ヴァースのメロも引っぱられてたりと、ある意味"Could I Be Falling In Love"のリメイクとも言える仕上がり。ただ、後半ブリッジには同じくSyl Johnson "I Hate I Walked Away"が使われていて捻りを効かせてあります。
ジョイ・デナラーニは本名Joy Maureen Denalane。1973年ドイツはベルリンにて、南アフリカ人の父とドイツ人の母の間に誕生。
彼女の旦那はMax Herreというドイツのプロデューサーで、子供もいます。
2人の出会いは99年、マックス・ヘーレ率いるFreundeskreisというヒップホップグループの"Mit Dur"という曲に参加したことがきっかけでした。
Mit Dir
この曲はドイツでトップ10ヒットを記録し、ジョイはFreundeskreisから成るFK Allstarsのメンバーとしてツアーにも参加。こうして親密になった2人は、2002年にジョイのデビューアルバム「Mamani」を制作。日本ではSMEから出ています。
2003年にはソロツアーも行い、ベルリンでのライヴを収めたライヴ盤「Mamani Live」もリリース(ドイツではDVDでもリリース)。
また2004年には旦那マックス・ヘーレのソロアルバムもリリースされ、勿論ジョイも参加しました。MySpaceでフルで聴けるソウルフルな"1ste Liebe"は素晴らしいですわ。
ママーニ Mamani Live Max Herre

「Mamani」も一部で注目されましたが、なにより彼女の存在を国外に知らしめたのは2005年に出たCommon "Go!"のKanYe Westリミックスに参加したことでしょう。
以前にもフィリーでライヴしたことがあるようですが、そこでも手ごたえを感じたのでしょうか。まさに絶好の流れで2006年に「Born & Raised」は彼女初の英語アルバムとして作られ、アメリカのネオソウル・シーンを巧みに反映した作品となりました。OkayPlayerでも注目盤として紹介されています
大ブレイクはないかも知れませんが、チェックが欠かせないシンガーとして世界中のソウル・ミュージック・ファンの頭にその名が刻まれたことでしょう。

日本盤も出ることですし、来日もそろそろ期待したいですねー。美人だし。

"Heaven & Hell" (live)


"Heaven & Hell" (live unplugged)


"Let Go" (live acoustic)


"Höchste Zeit" (Live)


"Change" (live)

ちょっと音悪いですけど。雰囲気だけでも。

"Im Ghetto von Soweto" live

歌ってるシーンは皆無に等しいんですけど。雰囲気だけでも。



Freundeskreis feat. Joy Denalane
"Mit Dir"


FK Allstars
"Tabula Rasa Part II"


Joy Denalane
"Sig's Mir"


Joy Denalane
"Geh Jetzt"


Joy Denalane
"Was Auch Immer"


Joy Denalane
"Im Ghetto von Soweto"
リリース情報 | permalink | comments(2) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

dabさんのプロフィール、変更あり!ですね。pは特製キューピーじゃないですかぁww
rah | 2007/01/04 9:40 PM
すごい、プロフィールまで見てるなんてww
そうそう、去年Block Partyの前売り券買ったら貰いました。別に欲しかったわけじゃないのに実物見たらすごく可愛くて気に入ってます。いいでしょー
だぶ | 2007/01/05 1:39 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://2045radicalman.jugem.cc/trackback/312
この記事に対するトラックバック
ゆぅちゃんにいち早く教えてもらって聴いてたJoy Denalaneさん。何となく、自分がお金払って買ってないものを大々的に書くのは抵抗感がある(=道徳観というより所有欲)のでこれまで触れたこと無かったんやけど、大好きです!何ていうかじわじわくる歌ごころ。ながー
ビール・ソーセージに続く名産品 | CATCH A FIRE | 2007/01/07 1:54 PM
THE TITLE OF THIS BLOG
Search (in this blog)

About The Author
ライク・ア・ロケット
スイスのR&BスターSEVENの『ライク・ア・ロケット』(PCD-93239)でライナーノーツを担当しました。詳しくはこちらを。
Seven - Like A Rocket

ソランジュ&ザ・ハドリー・ストリート・ドリームス
SOLANGEの『Sol-Angel & The Hadly St. Dreams ソランジュ&ザ・ハドリー・ストリート・ドリームス』(UICF-1107)でライナーノーツを担当しました。ボーナストラック付きです。
Solange - Sol-Angel & The Hadley St. Dreams

サニー・ワン・デイ
ニューヨークのジャジー・ソウル・デュオ、ALBRIGHTの『サニー・ワン・デイ』(PCD-93145)でライナーノーツを担当しました。詳しくはこちらを。
Albright - Sunny One Day

ホーム
スイスのR&BスターSEVENの『ホーム』(PCD-93036)でライナーノーツを担当しました。詳しくはこちらを。
Seven - Home



Tag Search