<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< Talkin' bout "that happy day" | main | ブルノ黒音祭り2006 >>

Katrina Willis & The Collection

ソングライティングやコーラス、時にプロデュースや楽器演奏などをこなす裏方というのがいます。
そういう人の多くは過去に自身のリリースが何らかの形であったり(でも不発に終わったり)、あるいは今後予定されているものです(でも具体的には未定だったり)。
いま浮かぶところ言うと、Debra Killings、Sleepy Brown(この人は裏方ってほどでもないか)、Sherree Ford-Payne(って最近見かけないなあ)、Andrea Martin、Shannon Sandersなどなど…

ふとCD Babyをのぞいたとき、目についた名前がありました。
K. Willis & The Collection
K. Willis & The Collection
のぞいてみると、やっぱりあのKatrina Willisじゃないですかあ。
2004年に出していたようです。
彼女はKandi(元Xscape)のソロに数曲参加していて("Don't Think I'm Not"にもクレジット←ちなみにこの曲ちょっとSWVの名曲"Weak"とカブる、特に冒頭)キャンディもかなりフックアップした発言をしていて気になり("カトリーナ・ウィリアムスはまだ誰も知らないソングライターだけど、すごく才能があって、曲作りやプロデュースだけでなく、楽器も演奏できるの。私の大切な友人でもあって、これから必ずビッグになると思う" 高橋道彦さんのライナーノーツより)、
直後にChante Mooreの「Exposed」でも5曲で参加していて目を惹きました。以降ちらちら名前を見かけましたが、やっぱりリリースあったかという感じです。
オハイオ州出身の33歳らしいですが、活動拠点はアトランタなんかな?
Her Sanityの曲はLaney Stewartプロデュースものだったし、過去には「So So Def Bass All-Stars Vol.3」にて"Six Eight"や"Gimme What I Want"という曲にKatrina名義で参加してたりも(LathunってあのLathunかなあ?)。
Hey Kandi... Exposed
Xclusive So So Def Bass All-Stars Vol.3
オフィシャルサイトをのぞくと、これまでの作家の経歴が書かれています。
何と言っても、Aretha Franklinの感動的な名曲"Wonderful"にもクレジットされているということは注目に値するでしょう。結局「So Damn Happy」買ってなかったから知らなかったよ。
故ルーサーの粋なアップ"Say It Now"(「Luther Vandross」収録のAllstarモノですな)もそういや参加してたのか。Cissy HoustonやCindy Mizelleら超ベテラン・ルーサーコーラス隊に混じってバックコーラスも担当してます。
近年ではAlyson Williamsのカムバック作「It’s About Time」でも2曲絡んでる模様。
他にもテンプス、チャーリー叔父さんと、全体的にアダルト(ていうか燻し銀の域?)ですな。笑

試聴したかんじも良さげだったので、届くのが楽しみです。
リリース情報 | permalink | comments(3) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

LadySoul好きのものです。このCDは知りませんでした。早速CDBabyで聴いてみたところ、ものすごく良い感じですね。俺も注文しようかな。
勉強になりました。
PS CDbabyって品揃えは抜群ですけど、送られてきたらジャケがカラーコピーだったとか、WEBに掲載されているジャケ写と実際に送られてきたものが違ったとかありますよね。
ebonyebony | 2006/01/29 1:01 AM
コメントありがとうございまーす!
僕もたまたま、ふっと気づいた一枚でした。まだ届いてないですが、試聴した感じ良さそうですよね??
ebonyebonyさんのブログ拝見しました。めっちゃBabyチェックしてませんか??すごいっす。けっこう音の好みとか近い気がするのですげー参考にさせていただきます(ブックマークさせて頂きます!)。Pure Soulのコがソロやってるなんて知らなかった!
僕はまだBaby使い出して日が浅いんですよー。そんなにチェックしてないし。Sy Smithの再発のやつは、めっちゃ家庭用インクジェットプリンターで刷っててびっくりしましたw サイン付だったからまだ良かったですけど。ジャケが違うって経験はないです。でもBabyなら親切に対応してくれそうですね…
だぶ | 2006/01/29 3:12 PM
レスありがとうございます。SySmith確かにインクジェットプリンターのジャケだったね。まあこのアルバムは音が聴けただけでよかったかなって。俺も当ブログ今後も参考にさせていただきます。
EbonyEbony | 2006/01/30 1:44 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://2045radicalman.jugem.cc/trackback/197
この記事に対するトラックバック
BrotherJackです。前回ソングライターやプロデューサー、ベーシストとさまざまな顔を持つ実力派アーティストDebra Killingsを紹介したが、彼女に触れたのならば同様のスタンスで同郷アトランタで活躍するKatrina Wills嬢も
Katrina Willis | EbonyEbony | 2006/06/21 1:14 AM
THE TITLE OF THIS BLOG
Search (in this blog)

About The Author
ライク・ア・ロケット
スイスのR&BスターSEVENの『ライク・ア・ロケット』(PCD-93239)でライナーノーツを担当しました。詳しくはこちらを。
Seven - Like A Rocket

ソランジュ&ザ・ハドリー・ストリート・ドリームス
SOLANGEの『Sol-Angel & The Hadly St. Dreams ソランジュ&ザ・ハドリー・ストリート・ドリームス』(UICF-1107)でライナーノーツを担当しました。ボーナストラック付きです。
Solange - Sol-Angel & The Hadley St. Dreams

サニー・ワン・デイ
ニューヨークのジャジー・ソウル・デュオ、ALBRIGHTの『サニー・ワン・デイ』(PCD-93145)でライナーノーツを担当しました。詳しくはこちらを。
Albright - Sunny One Day

ホーム
スイスのR&BスターSEVENの『ホーム』(PCD-93036)でライナーノーツを担当しました。詳しくはこちらを。
Seven - Home



Tag Search