<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

R-E-S-P-E-C-T!!!

ちょちょちょっとかなりヤバいもん発見しましたー!!!!!!!!!!!!

このエントリーでねっとり紹介した英国の音楽番組「Later - Jools Holland Show」


このDVDは超オススメ!です!

この番組にFaith Evans登場の巻!が観られます!激ヤバい!
続きを読む >>
Music with My Life | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

みゅうじかるばとーん!

各地のブログのみならず、mixiでも静かに席巻しつつある(らしい)と噂のミュージカルバトンがfleasoulさんからまわってきてしまいました。
いったいこれってどこから始まったのでしょうか。
元が英語だけにメリケン?エゲレス?適当に検索するとアメリカ発祥と書かれてました。ほんとかどうか知りませんが。
さて、mixiでもメッセージでツツかれたので(笑)さっさと書きます。

■Total volume of music files on my computer

1箇所にまとめてないので、この質問だけで大変です。涙
調べてみたらミュージックヴィデオ含めて、おおよそ45GBくらいかと思います。
外付HD様のおかげでこんなに保存できてます。
オーディオファイルだけなら15GBくらいかな?予想ですけど…
続きを読む >>
Music with My Life | permalink | comments(3) | trackbacks(0)

君は伝説をみたか?

連休を活かして、東京行ってきましたー。

メインディッシュはこちらです。
John Legend Get Lifeted Tour at Shibuya Duo Music Exchange

いやーわざわざ大阪から伝説を観に行った甲斐がありました。
続きを読む >>
Music with My Life | permalink | comments(0) | trackbacks(1)

Save The Music Y'All

4/17に行われたらしい、VH1の「SAVE THE MUSIC: A CONCERT TO BENEFIT THE VH1 SAVE THE MUSIC FOUNDATION」、ちょこちょこ見た。

Alicia Keysのパフォーマンスはほんとに凄いなあ。
曲単位では好きだったのだけど、アルバム自体はうーん、というか
ちょっとあの気取った感じとか、
グラミーとか過大評価じゃね?Clive Davisの政治力じゃね?とか、
そういう感じで印象が悪かった。
新人としてはBlu Cantrellのほうがインパクトあったし。

それが、Britsでの"Kiss"のパフォーマンスを観たとき、こいつはヤヴァい!と反省しきり。
冷たい素振り(笑)のカヴァだけじゃなく、ほんまもんのPrince's Childrenであることを確認。
あのロックの殿堂での名言は忘れられませんね。

ちゅうわけでそっから本気で好きになったキーズ、ソウル度がぐんぐん上昇してて下落傾向がない超優良株です。
飽きるほど観てきた"Karma"もなかなかでしたが、なんつったって、"Use Me"でしょう!Bill Withers!!
相手にRob Thomas。
野口五郎 "愛がメラメラ"、じゃないや、サンターナ "Smooth"の人、あるいはマッチボのヴォーカル/ソングライター/フロントマンですな。
今度ソロ出すそうですが、いやいやなかなかこういうのも歌えます。


でも一方キーズ、バイキルトでもかかってるんじゃないかっていう。
圧倒的。
そりゃ最後、ロブ君も膝をついて仰ぎ見てしまいますわ。
アホみたいに手叩いて拍手してますわ。 別格ってやつですな。
まだ若干24才ですが(年下かよ!)。
続きを読む >>
Music with My Life | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

さあ目を閉じて 月が闇へ逃げるまえに

音楽の話。
ツタヤでひさびさにCD借りた。

Soweluの"Do You Remember That?"
マジ好き。最近のみっちゃんモノでは随一。やっぱ僕はテークラってよりミチコなんだ、と。
そしてソエルは可愛ければそれで良い。

Sing Like Talkingの「The Remix of」
テークラrmx目当て。けど、オリジナルのほうがいいかも。つか"Spirit of Love"て、懐かしすぎる!

佐藤竹善「Cornerstones 2」
Rahsaan Patterson & Jamey Jazが参加してると聞き
Take 6がバックという、超贅沢な"Love's In Need of Love Today"
素ん晴らしい。
贅沢いうとRahsaanに歌って欲しいんだけども。
同じ体制の"The Christmas Song"も良い。
でもやっぱ竹善のファンじゃないから…全体通して聴くのは辛かった。
改めて聴くと、もっさりっていうか、リズム感が弱い気がする。
で、最後、"Spain (I Can Recall)"を歌う意味不明さに撃沈。
ヒロちゃん(ココドール)のほうが巧かったな。

サントラ「凶気の桜」
映画とか、窪塚とか、ケイダブさんにぜんぜん興味ないわけで、
これに参加してるJUJUって歌手が好きなので。
シングルの"光の中で"とか、おもきりモンドグロッソ×birdなラジオフレンドリーなラテンハウスで、やっぱり各局で好評だったみたいだけど。
でも、ホントはJill Scott方向のヒップなジャジーソウル、がたぶん正解。
サントラ曲もぜんぶそんな感じだったし。

でもJUJU、ジツはジャネット"Let's Wait A While"をラヴァーズロックでカヴァってセンスにヤラれたクチです。

なんでラヴァーズロックってこんなに素敵なんざんしょ。
きっとあのレゲエのリズムってもんには何か仕掛けがあるに違いない。
Trojanのコンピ、聴きたくなってきた。
最近CMでよく耳にして嬉しい、Randy Vanwarmerの"Just When I Needed You Most"のカヴァとか、すっごい好き。
Loboの"I'd Love You To Want Me"のカヴァとか、途中でビートルズの"Let It Be"歌っちゃうんだもの。
ずる過ぎ。

そういや日本の歌手のラヴァーズロックな曲で1枚コンピ作りたい。
Relaxin'の企画みたいなやつ。
AIの"Shining Star (VIP Remix)"とかさ、
Flex Lifeの"君住む街"とかさ、 
BoAの"Share Your Heart (Dub's Lovers Rock Remix)"とかさ、
中島美嘉の"Carrot & Whip"とかさ、
元ちとせの"ワダツミの木"とかさ(ちと毛色が違う?)、
Kaanaの"Life Goes Around"とかさ、
Pushimの"Forever"とかさ。
悔しいけど、織田裕二の"Love Somebody"とかさ。

でもでも、やっぱシメの曲はMIYA&YAMIの"神様の宝石でできた島"
これしかない。
好き過ぎる。
Music with My Life | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

Keys y'all

というわけでコレがblog本格スタートの幕開け。

そんなことより、ようやく届いた!
「Alicia Keys Japan Tour 2004」
チケットが!

うふふ うふふ うふふ

今日、会社休みまーすと宣言してきたし
心おきなく楽しむぜ!
(Zeppで!)


だって金曜は会社休めないもん・・・
Music with My Life | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

reminds me

 たとえば、PCのデータぶっ飛んだおかげで一緒に撮った写真がなくなった(涙)ジャジーズの「かめとうさぎ」のバヤイ。
 
8時ちょうどのあずさ2号ならぬ"水曜の朝、午前3時"でデビューしたポールさんとアートさんなわけです(このアルバムに入っちゃないが)。
続きを読む >>
Music with My Life | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
THE TITLE OF THIS BLOG
Search (in this blog)

About The Author
ライク・ア・ロケット
スイスのR&BスターSEVENの『ライク・ア・ロケット』(PCD-93239)でライナーノーツを担当しました。詳しくはこちらを。
Seven - Like A Rocket

ソランジュ&ザ・ハドリー・ストリート・ドリームス
SOLANGEの『Sol-Angel & The Hadly St. Dreams ソランジュ&ザ・ハドリー・ストリート・ドリームス』(UICF-1107)でライナーノーツを担当しました。ボーナストラック付きです。
Solange - Sol-Angel & The Hadley St. Dreams

サニー・ワン・デイ
ニューヨークのジャジー・ソウル・デュオ、ALBRIGHTの『サニー・ワン・デイ』(PCD-93145)でライナーノーツを担当しました。詳しくはこちらを。
Albright - Sunny One Day

ホーム
スイスのR&BスターSEVENの『ホーム』(PCD-93036)でライナーノーツを担当しました。詳しくはこちらを。
Seven - Home



Tag Search